2017 December 27 S町

2017 December 27 S町

2017 December 27 S町

毎日決まった時間に電車は人で充満する。
行先の決まっている人、
行先のあてのない人を乗せ、
ダイヤどうりに正確に発車して行く。
しばしば事故の情報(その多くは人身事故だ)
が電光掲示板に流れ騒めきはあるが、
何事もなかったように、
再び正しいダイヤに調整しつつ発車してゆく。
一瞬でホームは無人になる。

2017 November 22 K町

2017 November 22 K町

2017 November 22 K町

温室の中では、
遠い旅をしてきた植物たちが、
まどろみながら螺旋状に成長し続けている。
外界から隔絶され、
生暖かい空気の中で花粉や胞子が飛び交う、
閉鎖空間である熱帯植物園のドームでは、
尾崎翠の「第7官界彷徨」の中の苔たちと同じように、
成長する過程の中で植物同士も恋をし、
未知の言葉で語り合っているのかもしれない。

2017 October 15 S町

2017 October 15 S町

2017 October 15 S町

長い時間をかけて形成されてきた森は、
それ自体が巨大な生命体だ。
森の中に足を踏み入れて進んで行くうちに、
体を取り巻いていた空気は、
湿った土や樹々、草花から発散される粒子と一体となって、
その生命体にコントロールされたものへと変わり、
次第に体を侵食し始め、
嗅覚や視覚などの様々な感覚器官にまで変化が及び始める。

2017 September 20 S町

2017 September 20 S町

2017 September 20 S町

気がつくと空が高くなっている。
気がつくと夕暮れが早くなっている。
いつまでも真夏のような暑さが続いていたので、
目の前に秋が来ているのに気がつくのが遅くなっていた。
森の中を歩くとヒヤリとした冷気が体を包み、
確実に季節の訪れを伝えている。
夏の終わりはいつも寂しい。
照りつける太陽が、
いつも漲る生命を感じさせるからなのだろうか。
人類が手にした人工の太陽は死と恐怖しか与えず、
いまだにそれを手なずける事が出来ないままだ。

秋元茂 All rights reserved.