広告の仕事から写真の世界に入り、様々な写真を撮ってきました。
写真は、目の前に見えているものを写し撮るという作業なのですが、
あらゆる視覚表現がそうであるように、
目に見えないものを目に見える形に変え、提示する作業であるともいえます。
以前から撮り続けている自作のオブジェを被写体とした作品群は、
そんな試みの一つであると同時に、
誰でもが簡単に高度な写真を撮れるようになった時代に、
写真家としてなにを撮るべきかという試みの一つでもあります

作品のことだけではなく、どのようなことでも気軽にcontactからお問い合わせください。  =>> contact

秋元茂 All rights reserved.