2017 May 25 Y町

長く人が住んでいた家のなかには、
たくさんの記憶が、
薄い膜の様に何層にも重なり合って、
部屋の中を埋め尽くしている。
足を踏み入れ進む度に膜が揺れ動き、
記憶の微粒子かすかな匂いとともにが立ち上り、
やがて形をとり始め始める。

秋元茂 All rights reserved.